This Archive : 2007年08月

--.--.-- *--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏休みの思い出

2007.08.29 *Wed*
もう夏休みも終わりですね。
良い子のみなさん、宿題は終わりましたか?!
良い子はこんなブログ見ないか(苦笑)

私の小学校時代は今のようにクーラーなんてなく、
「朝の涼しいうちに宿題を済ませましょう!」
と言われたものでした。
しかし起きるのが遅くて、やろうとした時にはもう暑くてできない
ということがしばしば。。。
明日明日・・・と思ってると、そのうち宿題のことなんて頭から消え去っていきました。

朝は一応起きるんです。ラジオ体操のために。。。
夏休み中、毎日ハンコをもらいに行かないといけなかった。。。
『あった~らしい朝がきたきっぼ~~~うのあ~さ~~だっ・・・』
なんて歌を聴きながら眠い目をこすりながら、お寺への坂道を登ったもんです。

宿題も夏休みの友、自由研究、読書感想文、工作、ポスター、などなど、盛りだくさん!!
夏休みの友なんてのは、ちっとも友達なんかじゃなく、特に休みの後半になると
夏休みの敵として、懸命に闘わなくてはなりませんでした。

工作も何を作ればいいのかわからず、自由研究なんてものは何の研究するんだ?って感じ。
読書感想文なんて時間がないと、なるべく薄くて読みやすい本を選んで
ほとんどが文中抜粋。最後にちょろっと「感動しました。」程度の感想を書く。

余談ですが、そんな状態で仕上げた読書感想文が、ある年、先生の目にとまり、
県かどこかに送るとか何とか言われました。
結局その後、何の賞も貰わず無駄に終わった気もしますが、今度は
その感想文を校内の放送で流すからマイクに向かって読めと言われ、
その時私は風邪を引いていたために、鼻水ジュルジュルいわせながら読みました。
「感情がこもっていて、良かったよ^^」と言ってくれる優しい友達もいましたが、
そのジュルジュル放送が流されたのは給食の時間帯であったため、
聞かされた全校生徒はタマッタもんじゃなかったと思います。


夏休みも終わりに近づくと、残った宿題が山のように・・・(泣)
半べそ状態で徹夜し、二学期の登校日には中途半端な宿題をかかえ
足取りも重くノロノロと登校したものです。
この時は思うのです。
来年は絶対に早めに宿題を済ませて、こんな思いは二度としないぞっ!!っと・・・。
でも、やっぱり同じことを繰り返していた気がします。



夏が嫌いな私が今でも夏の終わりになると、一抹の寂しさを感じる背景には
この夏休みの宿題の苦い経験があるのかもしれません。
あと2~3日休みがあったら・・・あと一週間あれば・・・。
宿題を終わらせることができるのに。。。。

夏休みの、にが~~~い思い出(苦笑)



八重のひまわりが今頃やっと咲きました♪^^
今か今かと待っていたので、とってもうれしいですー^^
スポンサーサイト

昼間っから・・・(#^_^#)

2007.08.27 *Mon*
今回、大山崎山荘美術館に行って私の一番のお気に入りになったのは
本館二階のテラスに設置されたオープンカフェです。
20070823104020.jpg
暑いかなぁ?と思ったけど、程よい風が吹いてて気持ち良かった♪

20070823103617.jpg
アーモンドケーキとアイスコーヒーを注文。
ケーキは大阪のリーガロイヤルホテルから運ばれてくるらしいです。

20070823103651.jpg
                          絶景♪♪

この時、テラスには私ひとり。
静かな空間でしばし日常を忘れ、テラスから見える眺めを楽しんでいました。
ゆっくりと流れる時間、心地よい風。。。
幸せってこういうことを言うんだろうなぁ・・・。


そのうち、テラスに女性ふたりが入ってきました。
親子に見えるけど、会話からしてちょっと違うのかなぁ?
上司と部下?嫁と姑?^^
いらんお世話だと思われるようなことを考えながら聞いてるとビールを注文しています。
(何?!昼間っからビール?いいのか?!)
と思いましたが、よく考えるとここはアサヒビールがやっているんですよね。
お水を足しに来たおねぇさんに
「ビール、どれがおいしいですか?」と聞いてみると、
「それはやっぱりプレミアム ドラフトビール『熟撰』がお勧めですね。他では飲めませんから。」
と言うので
「じゃあ、ソレください^^」  あらら?いつの間にか注文していました^^;

まろやかで口当たりもよく、とってもおいしかったです~~~♪♪
何度も言うようですが、私は普段滅多に飲みません。(誰も覚えちゃいないって^^;)
でも、結構飲めるのです(*^◇^*)

これから嫌なことがあったら、ここにビール飲みに来ようかなぁ・・・^^。

20070824032511.jpg

ところで、この写真、どこか変だと思いませんか?
お気づきの方はコメントください(o^∇^o)

最近私は携帯写真をPCに移すためにマイクロSDカードを購入。
撮り溜めてあった写真を携帯データからマイクロSDカードへ、
そこからPCへ・・・という作業をしているうちに
なにやらややこしいフォルダやら何やらあって、どこに行ったのかわからなくなって
頭がこんがらがってしまい、そうこうしてるうちに、ふと写真を見ると(あれっ?!) 
とうとう私の目もイカレタか?と本気で心配になりました。

なんで?なんで こ~~なるの?
誰か教えて!


今回の(どーでもいい)おまけ^^;↓
| 京都 |

大山崎山荘美術館

2007.08.23 *Thu*
久しぶりに雨が降ったかと思うと、これがまた凄い雷雨でした。
これで暑さも少しはマシになるかと思っていたら、また明日は猛暑となるそうな。。。
まだまだ秋は遠いのかな~~~?困ったもんですねぇ。。。

この暑い中、nakatugawaは大阪府と京都府の境にある天王山の山腹に建てられている
大山崎山荘美術館に行ってきました。

20070823204349.jpg

http://www.asahibeer-oyamazaki.com/
今、大山崎山荘美術館では「花咲くころ」と題した展覧会が行われています。
http://www.fururu.net/category/monthly/1177312969

庭園の睡蓮も見たいと思い、行くとしたら午前中だ!と思っていたのですが、
結局着いたのは12時半ごろでした。
無料送迎バスも12時台は走行していないということで、歩いて行きました。
(なんともまあ、間の悪いことで・・・^^;)
阪急「大山崎駅」からでもJR「山崎駅」から歩いてもそう たいした距離ではありません。
ふらりふらりと歩くには丁度いい距離です。
森林浴というか、なんとも気持ち良かったです♪



大山崎山荘は大阪船場の株相場師の息子であった加賀正太郎が建てたものです。
その後、様々な所有者の手に移り、バブル経済末期には建設業者が買収し、
一帯を更地に地上げするマンション開発計画を立てたのですが、
地元住民が景観を損ねると反対し、京都府や大山崎町が土地を業者から買い取り、
山荘はアサヒビール運営の山本コレクション(*アサヒビール初代社長の山本爲三郎が
収集した陶器を中心としたコレクション)の美術館となったということです。

・・・で、肝心の睡蓮なのですが、期待したほど咲いていませんでした。

20070823103859.jpg
それでも、見たかった睡蓮だったので満足でした。

美術館の「睡蓮」も見にいきます。
20070823104123.jpg
新館へ行く通路です。安藤忠雄が建築設計されています。

クロード・モネの「睡蓮」もいいのですが、
須田悦弘の「睡蓮」が見たかったのです↓
20070823214921.jpg

これは木彫で丸い形をしたコーナーの床に置いてあります。
ガードマンさんが「どうぞ中に入ってみてください」と言われ
靴を脱いで部屋に入り作品に触れない様に見てきました。

他にもいろんな不思議な作品もありましたよ。

秋を前に一足先に芸術にふれ、自然にも触れた一日でした。
| 京都 |

花嫁のれん

2007.08.16 *Thu*
何気なくネットを徘徊していたら、ふと目についた『花嫁のれん』 の文字。
懐かしいな~~~と思いました。


花嫁のれん 

娘の幸せを託して、生家の紋を染め抜き、嫁ぐ娘に持たせる花嫁のれん。
慈しみ育てあげた母の願いであり優しい心遣いでもある。
鮮やかな色で描かれたおしどり、花車などのおめでたい絵柄に、
華やかな喜びが息づく。
新しい門出に夢膨らませて花嫁のれんをくぐる時、
晴れの日にふさわしい女の幸せが待っている・・・。

 石川県の加賀地方から中能登地方にかけて、行われている慣習です。
花嫁が結婚式の当日に挨拶をするため、嫁ぎ先の家を訪れます。
その時通常、仏間の入り口に、この花嫁のれんは掛けられ、
花嫁はそれをくぐり仏壇のご先祖にお参りをします。
こののれんは、お祭りや慶事の際にも掛けられ披露されます。





石川県七尾市一本杉通りで毎年「花嫁のれん展」 が開催されているそうです。
↓花嫁のれんがいろいろ載ってます。
http://www.noto.or.jp/nanao/nami/ippon_hanayome_noren.html

私が小さい時、家で結婚式を挙げることが多かった時代、近所にお嫁さんが来ると
喜んで見に行ったものです。
玄関先で両家の水を素焼の盃に入れ、それを花嫁さんが一口飲み
仲人さん(女性)が盃をたたきつけて割る。
(これは二度と元には戻らないという決意の表れだとか。
割れなかったら縁起が悪いので割れるまでたたきつけるのです。)
そして仲人さんに手を引かれ上にあがり花嫁のれんをくぐって控えの間に行き
それから仏間でご先祖さまに結婚の報告をする・・・。
   という結婚式を何度か見てきました。
それから、この花嫁のれんは春秋の祭りの日にもどこの家にもかけられていて、
昔の能登の家では、ごく当たり前の情景として、私の記憶に残っています。

実は私も持ってきたんです。
この『花嫁のれん』

大阪に嫁いだのですが、田舎は能登で嫁ぎ先の田舎も同じ能登。
今は空き家になっている田舎の家には当時祖母が健在だったので、
やっぱり花嫁のれんにこだわりがあるらしく、田舎の家のために持ってきたようなものでした。

持ってきたはいいけど、長さが10センチだったか短いといわれ、
また作り直したというエピソードもありました。

当時は何もわからなかったけど、今思うと母はそれなりに大変な思いをして
私を送り出したんだろうと思います。

大阪で式を挙げた私ですが、後日、能登の近所の方に”お披露目”という形で
私を紹介する宴があり、その時にこの「花嫁のれん」がかけられました。

使われたのはこれ一回!なんだか無理やり使った感じがしないでもない^^;
今は田舎の空家のタンスに眠っています。。。
そういう眠った「花嫁のれん」が多いということも、上記の「花嫁のれん展」
開催される切っ掛けになったとか。


http://www.youtube.com/watch?v=XbbUinBL0D0&mode=related&search=
↑のビデオを見て、なんだかホロッとしてしまい、今度田舎に行ったら
タンスから出して持ってこようと思いました。

どんな柄だったかも覚えていないし(汗)

母の娘(私)に対する気持ちが込められているような気がして、忘れ去られているのが
急に可哀そうになってきました。

今、私の母はその時の気持ちを多分忘れているとは思いますが(苦笑)

間違い電話&花火

2007.08.08 *Wed*
携帯に登録されていない番号からの電話には基本的には出ないことにしていますが、
先日から、同じ番号から気付かない時も含めて数回かかってきていて、
ご丁寧に留守電まで入れてありました。

最初のうちは無視していたんです。
でも、その後何度かかかってくるわけです。

「もしもしぃ~~~○○さぁん?□□ですけどー、今日ね△△さんに会ってねぇ
なんかよーわからんねんけど、また電話してくださぁい。(しますね・・・ではない!)
今日は日がいいからとか言うて。。。」

なんだかよくわからない内容ではありますが、こういう伝言が以前にもあったわけで、
この人は私の携帯番号を○○さんの電話番号だと信じているんだな・・・。
ていうか、この番号で登録してるんだろうか・・・と思って、それなら
教えてあげよう!
・・・というか、また何度もかかってきて留守電を残されても困るので
(留守電を聞くのもお金がかかるのです^^;)
電話をかけてみたんです。

さっき私の電話にかけてこられて留守電も入ってたけど、番号を間違っておられるのでは?
と言ったら、
そのおばちゃん(あえてこう言わしてもらう!)留守電の時の猫なで声とは
明らかに違うトーンで

「はぁ・・・私、何番にかけました?」

私は自慢じゃないけど自分の電話番号を覚えていないーー;

覚えていないと言ったら
「080の?」
とまたしつこく食い下がる。

適当にうろ覚えの番号を言ったら
「違いますわ~~。私そんな番号にかけてませんわぁ!!」

と言い放った!

覚えていないと言ったのに、しつこく聞くから前の携帯の番号を言ってしまった私もアホですが、
確かに番号は違ったかもしれないけど、さっき電話をかけて留守電まで入れたのは
間違いないやろ~~~!人が電話代使って留守電を聞き、
その上、また電話代使って(しつこい?^^;)親切にも電話して教えてあげてるのに・・・
なんで一言「すみません」とか「ごめんなさい」が言えんのかっ!!

間違いを認めないこのおばちゃんのパワーに負けそうになり、何だか自分が
イタズラ電話をしている錯覚に陥りそうになってしまった。

このままタラタラとしゃべっていてもラチがあかないので

「ともかく番号が間違ってますから、ちゃんと確かめて電話してください!」

と、まだ何か言いたそうなおばちゃんを無視して電話を切った。

気分悪う~~~!!!

気分治しに先日の花火大会の花火をどうぞ♪↓




うるさくて、せっかちな大阪

2007.08.03 *Fri*
知ってますか?
誰がどうやって調べたか知らないけれど
大阪は世界で一番セミの鳴き声がうるさいんだそうです。
大阪の蝉のほとんどはクマゼミらしいです。

DSCF0884-1.jpg
ちょっと近所の公園で木を見上げるとあちこちに蝉の抜け殻がはりついています。

そういえば何年か前、テニスが終わって外でおしゃべりしてるとき、
話し声が聞こえないほど蝉の鳴き声がうるさかった!!
これ、ホントの話。

まったく!大阪というところは、おばちゃんもうるさいけど、蝉までうるさいんですねっ!

今年も梅雨明け宣言の二三日前から、もう蝉が鳴いていました。
さすがは大阪の蝉だけあります。
せっかちです^^;

せっかちと言えば、商店街を横断する道のガード下の信号。
いつも思うのですが、車が途絶えると自転車で通ろうとする私の存在を
無視したように歩行者が赤信号を無視して通るのやめてもらいたい!!

歩行者が邪魔して、私の進行方向の信号が赤になってしまうのが実に腹立たしい!

信号といえば、何年か前、金沢の街中でほんの2~3メートルの道に信号がついていて
車も人もだ~~~れも通らないのに、歩行者がキチンと信号が変わるまで
待っていました。
そこで、うちの娘、(まだ小学校だったんですが)
「なんで待ってるの?」
って、ほんとに不思議そうに言ったんです。

あんたねーー;
「信号が赤だからに決まってるでしょっ!!」

まったく大阪人というのは、信号が赤でもなんでも、自分に危険が及ばないと
渡らないと損っ!!って思っているところがありますからね。。。


カレンダー&アーカイブ(Tree)

07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

+ アーカイブ
 



プロフィール

nakatugawa

Author:nakatugawa
大阪在住の女。
なんでもない日常や、感じた事を書いてます。



ようこそいらっしゃ~~~い♪         BBS<3>(画像掲示板)です。


**************


≪お知らせ≫

またまた作っちゃいました♪
(07/10/18)


↓画像付き掲示板!!!

nakatugawa BBS <3>

楽しくお話しましょ♪




↓今までのBBSです。

nakatugawa BBS <2>

このまま置いておきます。
書き込みOKです。




↓過去のBBSです。

nakatugawa BBS

書き込みは出来ません

**************

 ★メール★ 

**************


2010・9
twitter始めてしまいました^^;



ダジャレ図鑑



C-PREVIEW

Powered by FCafe



最近の記事



最近の記事+コメント



最近のコメント

コメントありがとうございます♪



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



カテゴリ用目次(小窓)

  • 菖蒲園(城北公園) : 4
  • こんなのあります。 : 14
  • 大阪 : 14
  • 神戸 : 3
  • 京都 : 66
  • 家族 : 39
  • 思い出話 : 10
  • どーでもいい話 : 32
  • 思うこと : 47
  • 日常のひとこま : 113
  • 未分類 : 9
  • 金沢 : 3
  • 淡路島 : 3
  • 岡山 : 3
  • 滋賀県 : 3
  • 徳島 : 1
  • 奈良 : 1
  • 岐阜県 : 1
  • 全記事INDEX



リンク

このブログをリンクに追加する



お気に入りブログ更新状況



♪BGMです♪

お好きな曲をお楽しみくださいネ♪

©Plug-in by PRSU



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



カウンター



ブログ検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



C-PREVIEW

Powered by FCafe



FC2ブログジャンキー



ブログ内検索



RSSフィード



08
1
2
4
5
6
7
9
10
11
12
13
14
15
17
18
19
20
21
22
24
25
26
28
30
31
Copyright © nakatugawaのblog All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: HELIUM  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。